金属表面処理めっき加工、絶縁専門電着塗装

株式会社 アキバコーティング & テクノロジー ベトナム

 
 
  
  
  
生産工程・設備
  
  
  
 
  
最終更新日
2017年10月02日
  
  
 

生産工程・設備

亜鉛めっき

亜鉛めっきは自己犠牲皮膜となり金属の腐食を防止する。

クロメート処理により、その効果は上がり、またクロメート外観及び耐食性が変わる。(銀白色・虹色・黒)

■六価クロムを使用しない三価クロメート処理を採用。

ニッケルめっき

☆無電解ニッケルめっき
還元剤をめっき液に添加し、その酸化反応によって生じる
電子を金属の析出反応に利用するめっき方法。
■耐食性が優れている。
■電気めっきと異なり、複雑な形状の部品に
  均一にめっきできる。
■鉄・銅素材に処理可能。

☆PTFEめっき
■低摩擦性・潤滑性・耐蝕性・熱伝導性に優れています 。

☆電解ニッケルめっき
電気力(電位差)によってめっきをする方法。
■密着性が良い。
■薄い金属皮膜が得られ、めっき膜厚調整が可能。
■光沢・外観が良い。

Cu-Ni-Crめっき

外観装飾めっきとして処理可能
■めっき皮膜が非常に硬く、光沢感が有り(サテン処理も可)
■大気中での腐食が少ない(Cass32h No9クリア/弊社実績)

☆用途
精密機械をはじめ各種水栓金具などの住宅関連資材、
生活雑貨、自動車などありとあらゆる分野に使用されている

電着塗装

当社使用のエレコートAMGは、特に小型電子部品の精密絶縁に最適な電着塗装を
使用しており、均一でエッジの絶縁性に優れた膜が安全に形成できます。
☆特徴
・複雑な形状にも5~40ミクロンの均一絶縁膜が形成できる。
・エッジカバー性・耐薬品性に優れている。(15μmで耐圧AC300V・DC500V)
・鉛・錫を含まず、水性塗料であるため環境にやさしく安全性が高い。
・硬度 3H
☆用途
・各種モーターコア・金属基盤用絶縁・その他絶縁全般

前処理工程
(脱脂洗浄・バリ取り)


左:炭化水素洗浄機(脱脂洗浄)

右:ショットブラスト(バリ取り)


            電着塗装ライン                                 焼付け乾燥

スプレー塗装/静電塗装

塗料を微粒化し、それに電位負荷を与え、被塗装物に電気的引力で吸着し、塗膜を形成する。

◆電気的作用で塗膜粒子が付着するので塗着効率が良い。
◆塗料のロスが少ない。
◆均一膜厚管理が可能。
◆作業性、作業安定性が確保できる。
◆自動化し易い。

バフ研磨/荒バフ・仕上げバフ

光沢のあるめっきにするための素地研磨、滑り性の向上、めっき前の素地調整、機械加工時の細かなキズやバリの除去、めっき工程中の中間バフ研磨加工処理、めっき後の寸法出し、面粗さのコントロール、仕上げ研磨をはじめとして、バフ研磨加工処理によって実現が可能素材表面を滑らかにしたい場合。
素材表面に光沢をだしたい場合。

◆図面にバフの要求がある場合。
◆バリ・面取りを行いたい場合。
◆めっき後に光沢を出したい場合。
◆面粗度指定の要求がある場合。
 
 
AKIBA COATING & TECHNOLOGY VIETNAM CO,.LTD(旧MK Science Vietnam Co.,Ltd.)