ベトナムで高周波熱処理をご提供します

KD Heat Technology Thai Nguyen Co.,Ltd.

 

高周波焼入れ

高周波焼入れとは、高周波誘導電流を利用して鋼材の表面だけを急速に熱し、急速に冷やすことで表面を硬化させる金属処理のことです。高周波焼入れで硬化する仕組みは、金属に銅線のコイルを巻きつけて電流を流すと、コイル内部に電磁誘導による磁力が発生すると同時に金属内部に渦電流が発生する。この渦電流は表皮効果により金属表面のみに集まるので、金属表面を電流が流れていることになる。電流が発生すると、誘導加熱により焼入れする金属の持つ電機抵抗により、熱が発生する。この発生した熱により金属表面をオーステナイト状になるまで加熱し、急冷する。その処理により金属表面は硬くなるが、内部は素材の元の特性と硬さが残る。

高周波熱処理

熱処理工程

1.受け入れ検査
2.高周波焼入れ
3.高周波焼入れ後の品質検査
4.洗浄
5.焼き戻し(電気炉・高周波)
6.焼き戻し後の品質検査
7.防錆
8.梱包・出荷検査
9.出荷



歪みが少ない焼入れ

他社が手を出さないような難しい部品も対応し、
歪みが少ない焼入れを行います




防錆、梱包から短納期

素早い納品をお約束します

品質管理

『プロの会社として』 常に品質管理システムを最大限で改善して参ります。 常に品質、生産性向上の取り組みをしています。


ISO
 
高周波熱処理
 
KD Heat Technology Thai Nguyen Co.,ltd