樹脂切削機械加工による多品種少量部品、治工具生産

KUWANA Co.,Ltd

 

樹脂切削部品のリーディングカンパニー

プラスチック専門の切削機械加工をしており、POM、ABS、ナイロン類の汎用材から、テフロン、PEEK、べスペル等の機能材料を加工するのが得意です。

製造装置設備や量産製造ラインに必要な治工具や装置部品を設計製造から多品種少量生産まで対応します。

KUWANAの強み

 

1.多品種少量生産の対応力

 
  顧客仕様(3Dや図面)から必要数だけ製造、納期対応できます。
 
 

2.豊富な材料

 
  自動車、電機、半導体など産業に応じた切削材料(丸・板)を取り揃えており、機能(摺動性、耐熱、耐摩耗等)に合わせた材料をご提案します。  
 

3.改造、追加工、治具設計

 
  量産成型品の追加工(形状変更、寸法精度出し)やプラ治工具類の設計製作も対応可です。

 

精密切削加工

NC旋盤、マシニングセンタ、パネルソー、カンナ盤など機械から丸棒や板を切削します。
長年、多品種少量品や試作品の製造しており、様々な形状に加工技術対応力があります。

詳しくはこちら

加工品事例

雄&雌ネジ、微細穴、極小ブッシュ・カラー、小径パイプ、透明仕上げ、成形品追加工
材料製材(円柱、立方体)など様々形状が加工できます。

詳しくはこちら

取扱材料

PTFE,PEEK,PP,ポリイミド,ガラス繊維入り、透明材など多種類用意あります。
必要サイズ、必要数ごとの製材販売もできます。

詳しくはこちら
 
KUWANAの特徴
 
KUWANA CO.,Ltd