Japan - Vietname Industrial Directory

 
6 News  
【I-GLOCAL】 ◆Nguyen Xuan Phuc首相が、Tan Son Nhat空港周辺の拡大計画を正式に発表◆多くの品目でベトナム輸入関税が0%や減税へ◆Da Nang当局...
Da Nang当局は2019年、沿岸部に近代的な排水処理システムを導入する予定である。ダナン建設局のVu Quang Hung氏は、高層のスマート駐車場への投資も優先すべきと述べた。Bai Tho CuスーパーとTrung Vuong 映画館、旧Tam Giac市場の前には広い空き地があり、ここに大規模な駐車場を建設することが出来る。
(2018年4月18日、thesaigontimes)

2018年第1四半期、ベトナムは野菜輸出総額のうち75%を中国へ輸出した。2011年以降、世界の野菜市場の規模は2,000億USDを超えている。一方でベトナムで生産される野菜の輸出規模は小さく、世界の消費量のうち1.5%に満たない。現在ベトナムは、未加工の野菜を輸出しているが、今後、加工野菜の輸出を強化していけば、ベトナム産の野菜の価値は大きくなっていくだろう。
(2018年4月15日、vnexpress)

Nguyen Xuan Phuc首相は、Tan Son Nhat国際空港の拡張計画を正式に発表した。Tan Son Nhat国際空港の南部に新しい旅客ターミナルを建設する。Tan Son Nhat国際空港に隣接するゴルフ場には貨物ターミナルを建設する。この拡張は航空輸送の需要に応えることと、年間5,000万人を超える乗客へサービスを提供することを目的としている。
(2018年4月16日、vneconomy)

Cat Dong株式会社(電子商取引サイトCungmuaの管理会社)は、定款資本を増やすとともに、株式会社Scrollに26.9%株式を譲渡すると発表した。外国の出資者からは、オンラインショッピングとコンサルティング活動を強化することを目的に、専門家を派遣される。なおCungmuaは2010年の電子商取引ブーム時代に設立された。
(2018年4月17日、vnexpress)

ベトナム政府は外国人のビザ取得に関して寛容的な政策を打ち出す予定である。これによりベトナムの観光分野の市場規模は目標であった200億USDを超え、 将来的にはタイを抜く可能性もある。なお専門家によると2016年以降、ベトナムは観光促進に向けた施策を継続して実施している。
(2018年4月16日、dantri)

ベトナムは2018年から2020年にかけて、10件の自由貿易協定を締結する。それにより、多くの品目の輸入関税が0%になり、一部で5〜10%に下げられる。2018年に輸入関税が0%になる品目は、主に農産物や鉄鋼、電子機器、自動車、自動車部品である。
(2018年4月16日、kinhtedothi)

【カンボジアヘッドライン】

観光大臣Thong Khon 氏によれば、2018 年のクメール正月中におけるシェムリアップ 州の観光収入は1億500万USD、総観光客数は前年同期比15.14%増となる約182万人であった。 その内、国内観光客数は同15.16%増となる約178万人であり、 外国人観光客数は同14.25%増36,694人であった。
(2018年4月18日、AKP)

2018年4月16日、Worknetと呼ばれるカンボジアの雇用情報及び雇用サービスシステム 開発のため、韓国の労働大臣Kim Young Joo氏とカンボジアの労働大臣ET SOMHENG氏は 覚書 (MOU) を締結した。当プロジェクトの予算は4年間で310万USDである。
(2018年4月16日、Fresh News)

2016年設立のポイペトPP経済特区 (Poipet PPSEZ)において初の日本企業である Sumitronics Manufacturing社は土地リース契約に署名を行った。リース契約によれば 総面積66ヘクタール、期間は50年間で契約が締結されたとのこと。
(2018年4月12日、Phnom Penh Post)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月19日
【I-GLOCAL】 ◆ハノイ市は農村開設ために25兆933億VND◆ニュージーランド初のランブータン輸入先はベトナムとなる◆ハノイ市に無人自動店舗を設置予定...
2016年~2020年の農村開発・農家の生活向上プログラム02- CTr/TU号の運営委員会指導部によると、2016年~2018年3月の期間で、ハノイ市は当政策に対し25兆933億VNDを割り当てた。
(2018年4月9日、baodautu)

4月10日、ベトナム農業農村開発省植物防衛局と在ベトナム・ニュージーランド
大使館は「ニュージーランドへのランブータン輸出」をテーマとした会議を開催した。ベトナムは、ニュージーランドでランブータン輸入が許可された最初の国となる。
(2018年4月10日、baodautu)

Savillsによると、2018年第1四半期にハノイ市での建築中新規不動産プロジェクトは11件、販売完了した新規プロジェクトは14件、5,530戸となった。なかでも、Tu Liem区とHoang Mai区のプロジェクトの数が最も多い。プロジェクト数は2017年第4四半期比で21%減少、前年同期比40%減少した。
(2018年4月12日、baodautu)

アジア開発銀行(ADB)の「アジア経済見通し2018」によると、ベトナムの国内総生産(GDP)の成長率は2018年に7.1%となり、東南アジア地域で大きな市場の1つと見込まれている。
(2018年4月12日、phapluatplus)

4月10日、Quang Ninh省で「ベトナムの鉱物および石炭関連企業の2018年第1四半期における経営活動概括」をテーマとした会議を開催した。当会議の報告によると、2018年初3ヶ月の利益は9,000億 VNDとなり、計画の45%となった。
(2018年4月10日、vietnamplus)

ハノイ市人民委員会は、ハノイの公共施設内で自動店舗の試験的運用を実施する。自動店舗は、店員は無人でQRコードを用いて支払いをする。
(2018年4月10日、cafef)

全世界6,000社を対象としたHSBCの調査報告書によると、ビジネス環境は国際的に楽観的であり、今後12ヶ月で貿易量が増加すると考える企業は77%であった。ベトナムに関しては、90%となり世界平均に比べて著しく高い。
(2018年4月11日、hanoimoi)

VingroupグループはVinfaブランドの名で医薬品市場に参加し、医薬品の研究、製造、国内販売および輸出入を行う。Vinfaは西洋医薬品だけでなく、伝統的な漢方薬の保存・研究・開発に集中して取り組む予定である。
(2018年4月9日、hanoimoi)

税関総局統計によると、2018年第1四半期のベトナムにおける野菜・果物の輸出金額は2017年同期比38.5%増加し、9億7009万USDに達した。なかでも、2018年3月の輸出金額は3億2158万USDに達し、2018年2月比で20.4%増加し、2017年3月比では145%増加した。
(2018年4月13日、vinanet)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月16日
【I-GLOCAL】 ◆2018年3月のCPIは2017年12月比で0.97%増◆ホーチミン市の外国直接投資(FDI)は7,494件のプロジェクト(445億USD)◆ベトナムは中国、...
FPTソフトウェア株式会社は、クラウドコンピューティング分野の 高度人材獲得に積極的である。当社はAmazonから、ASEAN地域における Amazon Web Services(AWS)のプレミアパートナーとすることを伝えられた。
(2018年4月9日、 thesaigontimes)


4月9日以降、Uberはベトナムでの営業を正式に停止した。 具体的には、予約配車サービスをGrabへ引き渡した。 Uberは東南アジアにおける事業をGrabへ譲渡することとなっており、 ベトナムでの営業停止もその一環と言える。
(2018年4月9日、thanhnien)


2018年3月のCPIは2017年12月比で0.97%増加した。これに伴い、 2018年第1四半期におけるCPI平均は前年同期比で 2.82%増加したこととなる。また2017年第3四半期のインフレ率は 前年同期比で1.34%上昇した。2018年はインフレ率を4%に抑えることが 目指されており、現状でその達成は可能である。
(2018年4月9日、cafef)


ホーチミン市は、外国直接投資(FDI)をけん引しており、 過去30年で7,494件のプロジェクト(445億USD)が実施されている。 ベトナム全土のFDI額のうち14%を占めている。
(2018年4月10日, enternews)


2018年第1四半期、香港は日本を上回り、ベトナムで2番目に 大きな外国投資国となった。 2018年3月現在、香港からベトナムへの 資本流入額は6億8,900万USDに達した(2018年第1四半期では 約8,000万USD)。29件の登録プロジェクトのうち、22件 (4億7,900万USD)が増資プロジェクトである。
(2018年4月11日, enternews)


ベトナムは中国、インド、マレーシアのゴム市場で それぞれ、53.4%、8.4%、6.9%と最大占有率を占めている。 またゴムの輸出価格は、インドで昨年比3.8 倍、マレーシアで 29%増、インドネシアで18.1%増と急激に増加した。
(2018年4月9日、vneconomy)


【カンボジアのヘッドライン】

2018年4月10日、シアヌークビルにて四つ星ホテルGobo East Entertainmentが グランドオープンした。当ホテルは5階建て、合計123室あり、 投資額は1,300万USDである。
(2018年4月11日、AKP)


プノンペン市中心地・プノンペン国際空港間の路線が2018年4月10日に 運行開始した。当列車は24時間運行であり7月31日まで無料で 乗車可能である。
(2018年4月11日、Khmer Times)


クメール正月中のプノンペン市内の交通渋滞を緩和するため、 公共事業運輸省は空港から市内へ向かう道路に 建設されているPhsar Dei Huy 高架道路を4月12日より一時的に 使用開始する旨を公表した。当高架道路を含めて、プノンペン市内には 現在合計5か所の高架道路が設置されている。
(2018年4月11日、Fresh News)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月12日
【I-GLOCAL】 ◆Bac Ninh省での第1四半期新規FDIプロジェクトは31件◆Phu Yen省はJICA融資による電力供給網の改修・開発◆Dong Nai省は4億USDを超える...
Bac Ninh省統計局によると、2018年第1四半期の外国直接投資(FDI)に関して、投資証明書の新規発行件数は31プロジェクト、修正件数は26プロジェクトとなった。登録総資本は2億8740万USDになる。
(2018年3月31日)

3月29日、統計局総局長Nguyen Bich Lamによると、2018年第1四半期の成長率は7.38%に達した。製造業が牽引しており、特にSamsung社による影響が大きい。
(2018年3月29日)

4月4日、Phu Yen電力会社は、Phu Yen省の電力供給網の改修・発展プロジェクトを開始する。当プロジェクトはJICAの融資で実現する。
(2018年4月4日)

シンガポールのKeppel Land Limited社は、ホーチミン市2区で住宅・商業施設・スポーツ施設を含む64 haのスマート都市プロジェクト” Saigon Sport City”に着手する。
(2018年4月4日)

伊藤忠商事株式会社はベトナム国営繊維Vinatex社 へ約50億円(4690万USD)を追加投資した。伊藤忠の持ち株比率は約15%となり、二番目の大株主となっている。筆頭株主は53%の株式を持つ商工省である。
(2018年4月3日)

Dong Nai省人民委員会の情報によると、同省の2018年第1四半期の経済成長率は7.52%に達した。この数字は全国平均より0.14%高い。特に輸出額が増加し、2018年初めの3ヶ月間で、同省の輸出額は4億USDを超えた。
(2018年4月3日)

【カンボジアのヘッドライン】

2018年4月3日、韓国政府は、TaKmao 市において浄水場を建設するため、6000万USD を融資することに合意した。経済財務省長官VONG SEI VISOT 氏とカンボジアにおける経済開発協力基金(EDCF)の代表者CHANG Youn Soo氏の間で署名が行われた。
(2018年4月3日、Kleykley)

韓国ビジネス情報庁Pulseによれば、2018年4月5日、カンボジアのトマト特殊銀行 (Tomato Specialized Bank)はKB Kookmin Card 社に全株式を約1080万USDで売却した。新株主KB Kookmin Card社は、6月以降営業を拡大していく予定である。
(2018年4月6日、Post Khmer )

香港証券取引所上場企業NAGA CORP 社が発表した四半期決算報告によれば、同社運営のプノンペンにあるNaga Worldカジノの2018年第1四半期における売上高は2億4320万USDであった。また、VIP顧客によるカジノでの賭け金は、前年同期の37億7000万USDから56億6000万USDに増加したとのこと。
(2018年4月5日、Kleykley)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月09日
【I-GLOCAL】 ◆Tien Giang 省の輸出総額は6億4,300万USDに ◆ベトナムが履物輸出で世界第2位へ◆韓国はベトナムにとって最大の直接投資国
【ベトナムのヘッドライン】

投資家からのインフラ投資は数十億USDにのぼっており、Nhat Tan - Noi Bai道路沿い、特にHo Tay地域の不動産価格が急速に上昇している。 Nhat Tan - Noi Bai道路沿いの2都市は、2030年までに規模2,080 ha、全長約11.7 kmにまでに拡大する。また 2018年から2020年の間に、インフラと遊園地が整備される予定である。
(2018年4月2日、dantri)


Tien Giang商工省のNgo Van Tuan局長によると、Tien Giangにおける2018年第1四半期の輸出総額は6億4,300万USD昨年同期比24.4%増)に達し、過去最大の増加率となった。メリカへの輸出は全体の40.3%、アジアへの輸出は全体の38.4%、ヨーロッパへの輸出は全体の17%となっている。
(2018年4月2日、dangcongsan)

投資局によると、2018年3月時点で韓国は、ベトナムにとって最大の直接投資国(FDI)であり、6,760件のプロジェクト(590億USD)に投資した。(2018年4月5日、enternews)

2017年、ベトナムは10億2,000万足の履物を輸出し、世界で第2位になった。国連貿易統計データベースに基づく税関総局の発表では、2015年と2016年に引き続き、ベトナムは世界第2位となったことになる。
(2018年4月3日、vneconomy)

野菜の輸出市場は潜在性を秘めており、他の業界と比較し成長が著しい。現状では中国への輸出が多いが、そのほか60ヵ国を超える魅力的な市場へ展開している。また高級市場への展開も検討している。(
(2018年4月3日、thanhnien)

ベトナムはミルクフルーツに続き、アメリカにマンゴーを輸出した。これはアメリカ以外の国にも輸出を広げる良い機会となる。
(2018年4月3日、thesaigontimes)

【カンボジアのヘッドライン】

2018年4月1日、中国企業Green Leader Holding Group社はクラチエ州においてキャッサバの加工工場の建設を開始した。当工場への投資額は2,000万USD、面積は43ヘクタールであり2018年末に建設が完成する見込みである。
(2018年4月2日、Phnom Penh Post)

2018年3月29日付労働省発行の報告書 (Announcement No.012/18) によれば、同省は
労働許可書を更新していない外国人に対して、2018年4月30日まで申請期間を延期
することを決定した。この期間に更新がされない外国人に対しては 法的措置を取ると
のこと。
(2018年3月29日、MOL)

2018年3月31日、カンボジア政府はベトナムとの間で二重課税防止条約 (DTA) に合意したこと。本合意は、カンボジア経済財務省長官のChou Vichith氏とベトナム副財務相Tran Xuan Ha氏の間で締結された。合意の内容は、両国間での二重課税防止、居住者の脱税・所得隠匿の防止である。
(2018年4月4日、Phnom Penh Post)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月05日
【I-GLOCAL】 ◆韓国の大根加工工場開設予定◆Vietnam AirlinesとAir France Industries KLM E&M は5億USD超の契約を締結◆...
日本の住友グループとVinh Phuc省は、同省での日系企業援助・投資促進部門(Japan Desk)開設に関する覚書を締結した。Vinh Phuc省へ進出する日本の投資家への援助を実施していく。
(2018年3月27日)

Lavifood株式会社は韓国のILMI Farming&Fisheries社と共に、2018年8月に大根加工工場を開設する予定である。同工場は、Ha Noi市Me Linhの農家より数千トンの大根を購入する。
(2018年3月27日)

税関総局の統計によると、2018年3月15日までのベトナムの輸出入総額は874,6 億USDに達し、2017年同期比21,2% (153億USD)増加となった。なかでも、2018年3月上旬は2月下旬に比べ著しく増加した。
(2018年3月29日)

計画投資局によると、不動産分野に対する2018年第1四半期の外国直接投資(FDI)は、4億8600万USDとなった。
(2018年3月27日)

2018年3月26日、Vietnam Airlines社とAir France Industries KLM E&M 社は、Boeing 787-9用エンジンのメンテナンスについて、5億USD以上相当の契約書を締結した。
(2018年3月27日)

Bac Giang省人民委員会の情報によると、2018年第1四半期の同省経済成長率は12.3%を達し、全国平均の1.7倍となった。過去最高の成長率となっている。
(2018年3月30日)

【カンボジアのヘッドライン】

カンボジア資本のThe Penthouse Residentコンドミニアム建設プロジェクトは2018年末に竣工予定である。当プロジェクトの総投資額は約3500万USD、総建設面積は約2,000m2、総戸数は458戸であるとのこと。
(2018年3月30日、Freshnews)

内務省のレポートによれば、2017年末までにカンボジアで事業を行う外資系企業数は2152社である。そのうち、観光は158社、農業は193社、インフラは131社、製造業及びその他は1670社であるとのこと。
(2018年3月27日、Kohsantepheap)

カンボジア開発評議会(CDC)によれば、2018年3月度にQIP認定を取得した投資プロジェクト数は14件であり、総投資額は2億4, 641万USD であった。創出した雇用者数は約14,900人に上る。
(2018年3月31日、Freshnews)

このニュースの続きを見る≫
2018年04月02日